2019 05.09 Thu 10:00
2019 06.06 Thu 16:00 (JST)

Please submit within the application period.
上記期間内に、募集要項に従ってご応募ください。

第22回京都国際学生映画祭 作品募集要項

※昨年度からの変更点は3つあります。

  • ①部門は問いません
  • ②29歳以下であること
  • ③データ応募のみ

応募される際は、以上3点にお気を付けください。

The 22nd Kyoto International Student Film & Video Festival 2019
Competition Rules and Regulations

There are three changes about the rules from last year.

  • 1. There are NO sections for application, such as live-action film or animated films. 
  • 2. The director of the submitted film must be under the age of 29 as of April 1st, 2019.
  • 3. We accept only data application.

*Remember these changes when applying.

作品応募期間

2019年5月9日(木) 10:00 ∼ 6月6日(木) 16:00

Application period

2019 05.09 (Thu) 10:00 – 2019 06.06 (Thu) 16:00 (JST)

応募作品規定

  1. 1. 2018年1月1日以降に完成した作品であること。
  2. 2. 作品完成時に監督が学生であること
  3. 3. 監督の年齢は2019年4月1日時点で29歳以下であること。国籍は問いません
  4. 4. 過去に本映画祭に応募していない作品であること。
  5. 5. 日本語以外の言語が使用されている作品については、日本語または英語字幕をつけること。字幕を付けられない場合は、テキスト台本を日本語または英語で提出してください。
  6. 6. 出品料は無料。
  7. 7. 出品数に制限なし。
  8. 8. 作品の長さは制限なし。

※以上の規定を満たしていても、実行委員会が正当な理由をもって上映に適さないと判断した場合、または、審査を行うのが困難だと判断した場合、選考から除外する場合があります。

Application Rules

  1. 1. The film for entry must have been completed after January 1st, 2018.
  2. 2. When the film was completed, the director must have been a student.
  3. 3. The director of the submitted film must be under the age of 29 as of April 1st, 2019. There are no restrictions on nationality.
  4. 4. Films previously submitted to this festival are not permitted.
  5. 5. The film must include subtitles in English or Japanese.(If you cannot add subtitles to your film, you must submit the dialog list in English or Japanese.)
  6. 6. There is no entry fee.
  7. 7. Entrants may submit multiple works. There are no restrictions on the length of the film.

* Even if a film meets the rules above, the executive committee may eliminate a film from selections, if the film is not suitable for screening.

応募方法(申込フォームの登録には、Googleアカウントの登録が必須となります。)

1. 申込フォームに必要事項を入力してください。

2. データ応募(YouTube、Vimeoのみ)

  • (a) YouTube、Vimeoに作品をアップロードしてください。今回の応募のため新たに作品をアップロードされる場合は、YouTubeは「限定公開」、Vimeoは「パスワード・ダウンロード可」設定が望ましいです。
  • (b)申込フォームに、アップロードした動画のURLやパスワードを記載してください。
  • (c)動画をアップロードする際は、作品名と監督名を明記してください。
  • (d)日本語以外の言語が使用されている作品については、日本語または英語字幕をつけてください。字幕をつけられない場合は、応募フォームよりテキスト台本を日本語または英語で提出してください。

※注意事項

  • ・作品はダウンロードする場合があります。2020年2月29日(土)までは同サイト上で動画を視聴できる状態を維持してください。
  • ・YouTubeで応募の際、すでに公開されている動画の場合は、2018年1月1日以降に完成した作品であれば、そのままご応募いただけます。その際、「一般公開」を「限定公開」に変更いただく必要はありません。
  • ・YouTube、Vimeoともに、利用規約への同意を得たうえでご応募ください。

3. 受付完了

申込フォームの送信後、本映画祭よりエントリー完了メールが届きますのでご確認ください。締切1週間前より応募が殺到するため、完了メールが届かない場合がございます。順次メールをお送りしますので、ご了承ください。提出後、一定期間が経過してもメールが届かない場合はお問い合わせください。

Application method(You need to register a Google account to submit an application form.)

1. Please complete the application form.

2. Uploading Data (Please upload the work in Vimeo or YouTube)

* Beware that basic members of Vimeo have a cap on the amount of video that can be uploaded to their accounts each week (up to 500MB).

  • (a) Upload your work to YouTube or Vimeo. On YouTube and Vimeo, if you want to upload a new piece for this application, it is preferable to have a “downloadable password” or “private” setting.
  • (b) Please specify the URL and password of the uploaded video on the application form.
  • (c) When uploading a video, please include the title and director’s name.
  • (d) Please attach Japanese or English subtitles for works that use languages other than Japanese. If subtitles are not attached, please submit a script in Japanese or English.

* Beware

  • • Keep the videos avaliable to watch until February 29, 2020.
  • • You do not need to make it private if you have already uploaded the completed work on YouTube after January 1st, 2018.
  • • Please agree to the terms of use of YouTube and Vimeo when applying.

3. Submission Completion

Entrants will be notified completion of submission by e-mail. Please contact us if you don’t receive the notification after a period of time.* When the deadline approaches, you may not receive the mail, but please wait as we will send it in order.

審査

1. 予備審査

実行委員による選考を経て、全応募作品から本映画祭で上映する入選作品を選出します。入選作家の方にはメールにて審査結果を通知します。(入選作品は公式Webサイトにて12月以降に発表予定)※入選作家の方には本映画祭に来場の上、トークショーに登壇していただく予定です。入選しなかった作品についても、本映画祭の企画等において上映することがあります。

2. 最終審査

映画監督をはじめ、映像業界に携わる専門家から構成される最終審査員(決定次第、公式Webサイトで発表いたします)と実行委員による選考を経て、予備審査を通過した入選作品から各賞の受賞作品を選定します。

Judging process

1. The Preliminary Slections

The Executive Committee nominates the films screened at our festival. The entrants of the nominated films will receive notifications by e‑mail.* We will announce the nominated films on the official website after December.* The filmmakers of the nominated films will attend the festival and give presentation.* We also screen the films which are not nominated at non‑competition programs.

2. The Final Judging Round

The Final Judges consisting of film industrial professionals and The Executive Committee select films which receive each award among nominated films.* As soon as The Final Judges are decided, we will make an announcement on the official website.

賞構成

  • ・グランプリ1作品 副賞10万円
  • ・準グランプリ1作品 副賞5万円
  • ・各最終審査員賞3作品(記念品)

※各賞とも入選作品の中から選出します。

Awards

  • • Grand Prix (A supplementary prize, JPY 100,000)
  • • Second Prize(A supplementary prize, JPY 50,000)
  • • Each Final Judge Award (Memorabilia)

著作権に関する注意事項

  1. 1. 応募作品の著作権は応募者に帰属します。但し実行委員会は、本映画祭の運営上の目的にのみ、無償かつ自由に、応募作品の複製・第三者への貸与・上映・翻訳を行う権利を有するものとします。
  2. 2. 実行委員会は1.の権利を有しますが、応募作品の特定の取り扱い(Webでの周知活動など)については、申込フォームにて応募者の許諾を得てから行うものとします。
  3. 3. 上記1. 2.の条件は、応募作品に係る著作権(放映権、出版権、翻訳権、翻案権等)と二次著作権(翻案権)が第三者に移転した場合にも承継されることとします。したがって、応募者は作品を第三者に有償・無償の別を問わず譲渡もしくは貸与する場合には、応募者の責任において第三者との間でこの旨の契約事項を盛り込んだ契約を締結してください。
  4. 4. 応募作品の権利が複数にわたる場合は、代表者にその権利が帰属するか、もしくは代表者が権利処理を行うことが可能なものとしてください。
  5. 5. 作品の原作として既製の著作物を使用している場合は、必ず権利者の許可を得た上で、その該当著作物を応募用紙にご記入ください。
  6. 6. 既製の音楽、映像(テレビ・ラジオ等)、キャラクター、シナリオの著作権については、使用許諾・使用料など、所定の手続きを済ませてください。
  7. 7. 著作権フリーの素材を使用する場合は、各素材の使用規約に従ってください。
  8. 8. 上記の規定を満たしていない作品については、断りなく選考から除外する場合があります。
  9. 9. 応募作品の著作権に関する問題が発生した場合、応募者が全責任を負うものとし、本映画祭は一切の責任を負いかねます。
申込フォーム

Copyright

  1. 1. The entrant retains the Copyrights of his/her films submitted.However, he/she agrees to grant The Executive Committee non‑exclusive rights to utilize all or part of the film for the sole purpose of managing the festival without any additional compensation. These rights include, but are not limited to, Right of Reproduction, Right of Rental, Right of Screen Presentation, and Rights of Adaptation.
  2. 2. The Executive Committee has the rights specified in 1., but needs permissions by entrants to utilize submitted films in the specific ways written on application form.
  3. 3. In case you give these rights of the film to others, you have to make sure these rights above mentioned still belong to The Executive Committee.
  4. 4. In case more than one person has these rights to the film, choose a representative.
  5. 5. The entrant agrees that he/she has obtained proper, legal permission to use copyrighted works of third parties in the film. And then, please list copyrighted materials in the application form.
  6. 6. In case the film contains any copyrighted music, sounds, or images, make sure that they are licensed.
  7. 7. In case the entrant uses copyright‑free materials, you have to obey their terms of use.
  8. 8. If a film doesn’t meet any of the rules above, The Executive Committee might eliminate the film from selections.
  9. 9. The entrant is solely responsible for any problems regarding Copyrights. reference: Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers(JASRAC) TEL: +81 3 3481 2121 (Switchboard) URL: http://www.jasrac.or.jp/ejhp
Application Form