The Coral Guardian

監督名

David Dincer

作品情報

ドイツ / 2020年 / 10min / アニメーション / Filmakademie Baden-Wuerttemberg

program B

100 年前、あるダイバーが海で亡くなった。 彼のヘルメットに生えた珊瑚の力によって蘇り、海から逃げようとしたが、海底の隠れた場所に珊瑚礁を見つけたダイバーはそこに留まり、珊瑚礁の世話をすることにした。数十年が経ち、海の環境の変化は珊瑚礁だけでなく彼にも影響を及ぼした。彼は再び死ぬ前に、この場所にすばらしい珊瑚礁があったことを伝えていく。


監督からのメッセージ

こんにちは。このような機会をいただきありがとうございます!
この映画を制作する事は大きな挑戦でした。私たちは制作の過程で多くの困難を克服しなければなりませんでした。
映画に携わる学生として、私たちを信じる人はほとんどおらず、この映画を作る事は簡単ではありませんでしたが、エジプトの親切なダイビングコミュニティが私たちの成功を助けてくれました!
日本のたくさんの映画やビデオゲームがこの映画のインスピレーションになっているので、日本を訪れたかったと心から思っています。

影響を受けた作品・監督
私は主に「海底二万マイル」などの古典的な水中映画に触発されましたが、「レッドタートル」(スタジオジブリ)や宮崎駿監督の他の映画にも影響されました。私は実生活での「ジブリ」を作りたかったのです。


100 years ago, a diver died in the ocean. Revived by corals which grew on his helmet, he first tried to escape. However, the diver found shelter in a coral reef, and decided to stay and take care of it. Decades passed and numberous changes to the ocean have not only affected the reef but also himself. He has passed on his legacy before he died yet again.


監督からのメッセージ

Hello KISFVF. Thank you for having me!
This film has been a great challenge to make.
We had to overcome many challemges across the way. As film students it wasn’t easy to make this film because very few people believed in ourselves. The loving diving community from Egypt helped us to succeed!
I really wish I could have visited Japan because so many films and even video games have been the inspiration to this film!

影響を受けた作品・監督
I have been inspired mostly by under water film classics such as: “Twenty Thousand Leagues Under the Seas” but also film such as “The Red Turtle”(Studio Ghibli) and other films by Hayao Miyazaki films. I really wanted make a real life action “Ghibli”.