Masel Tov Cocktail

監督名

Arkadij Khaet / Mickey Paatzsch

作品情報

ドイツ / 2020年 / 30min / 実写 / Filmacademy Baden-Württemberg

program A

Masel Tov Cocktail の作り方
材料:ユダヤ人×1人、ドイツ人×12人、「記憶の文化」50ml、固定概念30ml、愛国心スプーン2杯、イスラエルティースプーン1杯、野菜コロッケ1個、厄介な障害物5個、少量の反ユダヤ主義
調理方法:全ての材料を映画に入れ、沸騰したら強く振る。付け合わせにユダヤ系の伝統音楽を添えて。
食べ方:提供する前に明かりをつけること。映画館でご賞味あれ。100%品質保証付き。

19歳のユダヤ人であるドミートリ・リーバーマンはトビーの顔を殴った。これから彼に謝りに行くところだ。しかし彼はあまり悪いと思っていない。トビーに会いに行く途中、彼はドイツ社会の様々な現実に遭遇する。自分がユダヤ系ドイツ人だという現実を突きつけられ、彼にとってアイデンティティであり乗り越えるべき苦悩に幾度となく直面することになる。

Masel Tov Cocktail
Ingredients: 1 Jew, 12 Germans, 50 ml Culture of Remembrance, 30 ml, stereotypes, 2 teaspoons of patriotism, 1 teaspoon of Israel, 1 falafel, 5 Stumbling Stones, a dash of antisemitism
Directions: Put all ingredients into a film, bring to boil and shake vigorously. Then garnish with Klezmer music.
Consumption: Light before serving. Enjoy at the cinema. 100% kosher.

DIMITRIJ Liebermann (19), a Jewish, punched Tobi in the face. Now he’s supposed to apologize to him. But Dimitrij doesn’t exactly feel sorry. While on his way to meet up with Tobi, he encounters a diverse representation of German society. Again and again, Dimitrij faces one struggle he needs to overcome: his German-Jewish identity.