CARGO

監督名

Christina Tournatzés

作品情報

ドイツ / 2020年 / 15min / 実写 / Macromedia University of Applied Science

program A

2015年8月26日。不法移民の密輸業者がトラックに詰め込まれた71人の難民を窒息死させた。 夜明けにシリア、アフガニスタン、イラク、イランで71人をトラックに乗せて、ハンガリーからドイツまで彼らを運ぶ。輸送の間、難民たちは助けを求めトラックの中から叩いたり叫んだりし始める。トラックの運転手はジレンマに陥る。彼は人々が助けを求める声を聞いていたが、扉を開けないようにとの命令を受けていて、上司からなんとしてでも輸送を終えるようにと圧力をかけられていた。 この事件は2015年8月にハンガリーとオーストリアで実際に起こった。ハンガリー政府によって監視されていた密輸業者の携帯電話の履歴が公開された事により、ヨーロッパの組織的密輸業者たちのネットワークに風穴を開けることとなった。

On August 26th, 2015 a convoy of human smugglers lets 71 refugees packed in a truck suffocate to death. At dawn smugglers load 71 people from Syria, Afghanistan, Iraq and Iran onto a truck to drive them from Hungary to Germany. During the journey, the refugees start knocking and screaming for help. The truck driver faces a dilemma. He hears the people scream and beg for help but receives an order to not open the doors to the cargo area. Over the phone he is pressured by his boss to finish the transport at any cost. The true story happened in August 2015 in Hungary and Austria. Based on the published cell phone protocols of the smugglers, whose phones were being monitored by the Hungarian Government, it gives a shocking insight into a organized smugglers Network in Europe.